査定額自体は専門店より低い

ディーラー下取りは車を買い換える際に手間がかからないというメリットがあります。新しい車を買う場所と古い車を売る場所が同じなわけですから、引き渡しがスムーズです。そのため、多くの人は下取りを利用することになりますが、査定額自体は専門店よりも低い傾向にあることを覚えておくようにしましょう。ディーラーのメインの業務は新車を売ることであり、下取りをした車を販売することではありません。そのため、中古車買取専門店のように下取りをした車を高値で売りさばく販路を必ずしも持っているとは限らないので、下取り額も安くなってしまうというわけです。人気があり高く売れる可能性のある車種ほど影響が大きくなるので、注意が必要です。

どんな車にも値を付けてくれる

基本的には下取り額は専門店よりも低い傾向にありますが、例外も存在します。それは専門店でも値がつかないような古い車や状態の悪い車です。ディーラーにおける下取りというのは、買い替えをスムーズに行うためのサービス的な側面もあるので、今乗っている車の価値が無いからと言って引取をしないということはありません。消費者からしても古い車は自分で処理をしてくれと言われても困ってしまいますから、余程のことがない限り下取りをしてもらえないということはないのです。また、車自体に価値がなくても値引きが限界に達した時に値引き代わりに、下取り車の持つ価値以上の査定額をつけてくれることもあるので、専門店では値がつかないような車であればディーラー下取りが有利となります。