中古車購入までの準備

中古車の購入は、予算と欲しい車種を決めることから始まります。どのくらいの金額の車にするのかと同時に、現金で支払うのか、ローンを活用するのかなど支払い方法も決める必要があります。欲しい車が決まったら、中古車販売店に問い合わせます。店によって型式や状態など在庫状況が違うので、希望する予算内で購入できるものがあるかを確認し、実際に店舗に行って状態などをチェックしましょう。何店舗かでピックアップして、比較検討するのがおすすめです。車の購入には、法定費用や手数料など諸経費がかかります。店舗に行った際には、見積もりを出してもらい総額を確認しておきましょう。並行して、車の購入に必要な駐車場の契約を済ませておくとスムーズです。

契約手続きから納車まで

購入する中古車が決定したら、契約手続きを行います。契約のために準備する必要があるのは、車庫証明・実印および印鑑証明書などです。軽自動車の場合は、実印および印鑑証明書の代わりに住民票が必要です。契約書や車検証、登録手続きの委任状は、販売店側が準備するので指示に従いましょう。中古車は、大きな買い物です。契約書の内容は必ず目を通し、不明点は確認することが大切です。契約手続きが完了したら、支払いを行います。ローンの場合は審査に時間がかかる場合もあるので、事前に確認しておくとスムーズです。ここまで完了すると、あとは納車を待つのみです。任意保険に加入している場合は、対象車両の変更を忘れずに行いましょう。まだ加入していない場合は、早めに検討すると安心です。

中古車のリースは決まった料金を毎月払う事で車を利用する事が可能なため、経済的な計画が立てやすいという利点があります。